トップイメージ
破産宣告でその負債にあたって保証する人が存在する場合は早い段階で相談をしておいたほうがよいでしょう。ふたたび、改めてお話ししますがほかに保証人を立てている場合は、破産宣告前にちょっと考えるべきです。もし破産申告をして受理されると、保証人があなたが作った債務をいっさいがっさい果たすことになるからです。破産手続きの前段階で保証する人に、今までの詳細や現状について報告しつつ、謝罪の一つも述べなければいけないでしょう。あなたの保証人の立場に立つと当たり前のことです。あなた自身が自己破産することでまったなしに高額の支払い義務がふりかかるわけです。そうなると、そのあとのその保証人の選べる選択肢は次に示す4つです。1点目ですが、その保証人が「すべて返す」ということです。保証人となる人が数百万もの負債をポンと完済できるほどのような貯金をたくわえているならば選択できるでしょう。でもその場合あえて自己破産せずに保証人自身に立て替えてもらいあなた自身はその保証人に月々の返済していくということもできるのではないかと思います。もし保証人があなた自身と良いパートナーであるなら、ある程度弁済期間を延ばしてもらうこともできるかもしれません。まとめて返金できなくとも業者も話し合えば分割での返金に応じる場合も多いです。保証人にも債務整理を行われてしまうと、債権がまったく戻ってこないリスクを負うからです。保証人がもしカネを全額まかなう財力がない場合は、お金を借りたあなたと同じように何らかの方法による借金を整理することを選択することが必要です。2つめが「任意整理」を行う方法です。貸方と話し合いを持つことにより5年ほどの期間で完済していく方法になります。依頼する際のかかる費用は1社につき4万円。7社からの債務があるなら28万かかることになります。貸金業者との交渉を自分ですることも可能ですがこの分野の経験がない方だと向こう側が自分たちに有利な条件を出してくるので注意しなければなりません。また、任意整理を行うということはその保証人にお金を立て替えさせることになるのですから、あなたも少しずつでもその保証人に返済をしていくべきです。3つめですが保証人となっている人も返せなくなった人とともに「破産宣告する」という選択です。あなたの保証人も返せなくなった人と同じく破産申告すれば保証人となる人の借金もなくなります。しかし、保証人が住宅等の不動産を登記しているならば個人資産を取り上げられてしまいますし、資格制限がある職についているならば影響がでます。そういった場合は、次の個人再生を検討するといいでしょう。4つめの方法としては「個人再生という制度を使う」ことができます。住宅等の不動産を残したまま債務整理をしていく場合や破産宣告では資格に影響する仕事についている方に選択できるのが個人再生制度です。これなら自分の家は残りますし破産宣告の場合のような職業の制限資格に影響する制限が一切ありません。

リンク

Copyright © 1998 www.hockeyzonen.com All Rights Reserved.