トップイメージ
車を走らせている際に、「愛車を使用したままで直ぐ融資可能」などという立て看板や広告があちこちで見ることが多いかもしれません。これらの広告は、自動車を担保としてお金を融資する広告群であることが多いようです。車担保融資と呼ばれる言葉は、耳にしたことがあっても、具体的にどのようなローンのされ方なのかあまり知らない人も少なからずいるはずです。車担保融資とは、それだけ有名ではないキャッシング方法ともいえます。車担保融資では、自動車を返済ができなくなった際の保障にすることで、自動車の現時点の査定額を出し、その価格の査定上限中でローンキャッシングを基本行うようです。中古車販売での査定と同じように、古い車や喫煙車であったりすると、査定額が低くなることがあるようですので、車を担保として融資を受ける場合には覚えておくといいかもしれません。車担保融資は、「乗り物」という実質資産を担保にする方法ですので、銀行などでキャッシングがストップしている人でも即日、査定上限内での融資を行えます。そのうえ、銀行や消費者金融でのローンには色々な手続きの流れや面倒な審査などがありますが、愛車という自分が保有する価値のあるものを利用し、行うローンですから、そういうものが必要としないこともあります。この頃では、愛車を返済ができなくなった際の保障にしてローンを受けても、クルマを現状と変わらなく引き続き利用することが出来る車担保融資も増えてきていると言えます。けれども、ローン方法の弱点としては、車の査定額にローンキャッシングの額も影響するので、持っている愛車によって、自身が志願する金額のキャッシングを受けられないということもあるようです。自動車を返済ができなくなった際の保障にしますから、万一借りたお金の返済が滞ってしまった時には、すぐさま車を引き渡さなければならないというのも、デメリットとなります。車が暮らしで欠かせないものである地域では、自動車を、担保とするローンキャッシングのやり方は、随分リスクが高いといえます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.hockeyzonen.com All Rights Reserved.