トップイメージ
自動車の「全損」とはその名が示すように自動車のすべてが故障してしまうことすなわち走行出来ないように車としての役目を満たさなくなった場面で判断されますが、車の保険で定義されている《全損》は少なからず異なったニュアンスがあったりします。乗用車の保険のケースでは自動車が損傷を受けた場合では〈全損と分損〉の2つの種類区別され《分損》は修理の費用が保険内でおさまる状態を言い表しその場合とは反対に《全損》とは修理の費用が保険金の額より高いケースを言います。通常、修復で(全損)という場合車の心臓、エンジンに修復できないダメージが起こったり、自動車の骨組みがいびつになっていて修復が不可能な時、リユースか廃棄にするのが普通です。けれども、車の事故でお店や車の保険屋さんがそのような修理費を予測した場合に、例え見た感じがきちんとしていて元に戻すことが可能な場面でも修理のお金が保険金よりも高かったら何の目的のために自動車の保険に加盟しているのか分からないです。そのような状況では【全損】と決めて愛車の所有権を車の保険の会社に譲渡して保険金を受けとるようになっています。当然の事ですがかなりの期間使用した自動車で愛着があり自分で修理をしてでも乗り続けたいと希望するひとはけっこういらっしゃいますのでケースにおいて自動車保険会社と相談するといいでしょう。また、乗用車の保険によってはそういった場合のために車両全損時諸費用補償特約などの【全損】の時のために特約が設けられている状態が存在し、万が一自家用車が(全損)なった時でも新しく車を買う代金を多少なりとももってくれる状況も存在したりします。さらに盗難にあった時の保険額の特約をつけてると、被害にあった物がなくなった場合も『全損』の扱いとなり、保険金が支払われることになっているのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.hockeyzonen.com All Rights Reserved.