トップイメージ
「全損」とはその名が示すように車の全部が故障した場合で結論として走行することができない等乗り物としての役目を満たせなくなった際に判断されますが、保険での『全損』は多からず異なった内容があったりします。自動車の保険の場合では自動車が壊れた場合に全損と分損の2つの種類分けられ【分損】は修理費が保険金でおさまる時を表し、それとは逆に【全損】とは修復費が保険金を上回る場合を表現します。普通、乗用車の修復で【全損】という場合エンジンに修理できない破損が存在したり乗用車の骨組みが変形して修繕が不可能な時リサイクルか廃車となるのが一般的です。けれども、自動車の事故が起こってディーラーや保険屋さんがその修理のお金を見積もりした場合に、どんなに見た感じがちゃんとしていて修復が可能な場面でも修理費が保険よりも高くてはそもそもなんで自動車保険に加盟しているのか分からないです。こういった場合では、《全損》と判定して自動車の権利を自動車保険の会社へ譲り保険金額を貰う事になっています。もちろんの事ですが長い間連れ添った愛車で愛着があり自腹で修理をしてでも所持したいというドライバーはけっこういますのでケースによって自動車の保険屋さんと話し合ってみるといいでしょう。さらに、保険ではこういう状況を想定して特約などの《全損》の時のための特約が設けられている場合が多く、たとえ自動車が全損となったケースでも新しく車を買う代金を一部分払ってくれる場面も実在します。更に盗まれた際の補償の特約をつけている場合、とられてしまった物がどこかへいってしまったケースでも《全損》とされ、保険が適用されるサービスになります。

リンク

Copyright © 1998 www.hockeyzonen.com All Rights Reserved.