トップイメージ
カードを所有していると毎月、契約カード会社から利用明細の通知があります。その利用明細を見るよう習慣づけていればどの場所で何時何分にどんな商品にカードをどれくらい使用したのかに類する詳細内容が書かれているため、以前にそのクレジットカードを切った決済の履歴を照会するのがたいへん易しく安心です。これ一本で使うにはなかなか不便と思いますがミニ家計簿に類するものに見立てることも簡単なため、貯金管理にも使えます。上記の利用明細送られてからおおよそ数週間で利用代金の支払いが行われます。だから手元のクレカ利用代金明細を目ざとく見ていて、思わずおかしな項目、例をあげると使ったこともない項目が表の中にあれば指定窓口に電話をかけて照会してもらえばOKなんです。仮に偽造による不正使用等のユーザー以外によるカード使用が発覚した時でもカード契約者に問題がないならば、大抵の場面ではカード会社がそうした疑わしい支払いをあてがってくれます。現在では利用明細をインターネット上で一覧できるカードが普通になっています。常にどこでどのようなサービスを決済したかを確認しておく決まりにして不正利用を未然に防ぐのはもちろん収支記録の代わりとなり金銭管理のようなことも一つでできてしまいます(パソコン画面で使用履歴を参照OKなカードは昔の利用履歴や来月以降の請求額などが参照できます)。クレジットカードはこういった意味でも非常に貴重な手立てになっていると言えます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.hockeyzonen.com All Rights Reserved.