トップイメージ
民事再生という選択は住宅ローン等を含めた複数ある債務に苦しめられているひとのために、住宅を維持しつつも金銭的に再建するための法的な方法として適用された手段です。民事再生という制度には、破産みたいに免責不許可となる要素はないので浪費などで債務がふくらんだようなときでも民事再生は選択可能ですし、破産申請をすることで業務ができなくなるような資格で生計を立てているような人でも民事再生は検討できます。破産の場合だと、住んでいるマンションを保有したままにすることは許されませんしその他の選択肢では、元金そのものは払っていかなければなりませんので、住宅ローンなども払いつつ返済を続けるのは実際のところ簡単ではないでしょう。ただ、民事再生という方法を取ることができれば住宅ローン等を除いた借入は少なくない負債を圧縮することも可能ですので余裕がある状態で住宅のローンを支払いながら他の借入金を支払っていくこともできるといえます。ただし、民事再生という手段は任意整理と特定調停といった処理と違ってある部分のみの債務だけを除外して手続きを行うことは無理ですし破産申請の場合のように負債そのものがなくなるわけではありません。それ以外の方法と比べると簡単ではなく期間もかかりますのでマンション等のローンがあり住んでいるマンションを手放したくないような場合等以外の、破産手続き等といったそれ以外の整理ができない場合だけの限定された手段と見ておいた方がいいでしょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.hockeyzonen.com All Rights Reserved.