トップイメージ
自動車損害保険には任意保険と自賠責保険の2つの種類が存在します。任意保険、自賠責保険の双方ともに、万が一のトラブルなど遭遇したときの補償を想定したものですが実際の内容は異なるのです。任意保険と自賠責保険をよく見ると補償が可能な範囲が一様とはいえません。※事故の相手に関しては、任意保険、自賠責保険で補償されるよう取り決められています。※自分へは、[任意保険]を用いて補償されます。※自己の所有する財産に対しては『任意保険』で補償します。自賠責保険それのみでは、自分自身への負傷または自動車に関する賠償などは受ける権利がありません。次に相手に向けての補償などの支援ですが自賠責保険については亡くなったケースでは最高額3000万円、障害を負わせてしまった場合最高4000万円という風に決められているのです。ただし賠償額が前に述べた値を凌ぐことは結構な頻度で起こり得ます。相手の所有するクルマないしは建物を破損したケースについては、事故を起こした人による全くの自己賠償とならざるを得ません。そのためにも任意保険が必要になるのです。危害を被った者に対する救助に重点を置く任意保険というものにも実は、それ以外にも役目が用意されています。※相手へは、死亡時ないしは手傷、乗用車ないしは建物というようなものを賠償してくれるのです。※自分自身に対しては、搭乗者も入れて、死亡時もしくは傷を賠償するのです。※自分の所有する財産へは、マイカーを賠償してくれるのです。こういった様々な面での補償がしっかりしているのが任意保険が持つ最大のメリットです。保険の料金の払い込みは欠くべからざるものとなることは仕方ないですが事故が起きた時の相手方のためにも自分自身のためにも、自動車に憂いなく乗っていきたいのであればぜひ任意保険に加入しておきましょう。

リンク

Copyright © 1998 www.hockeyzonen.com All Rights Reserved.